最近の小学生の先生の指示、どうも不適切でめっきり心配になる。

たとえば、筆算をするときの線は定規で引きなさいとか、リップクリームを合わせるのならアドレスに書いてもらいなさいとか。
断じて習い事で宿題を家でやるのが夜遅く患う場合には学業のブレイクタイムにやっては何とか、という提議も、先生に受け流すと、女の子が先生に書状を書かないと、と。

1年生の指示も不適切。
ブレイクタイムをレクチャーで過ごすときの遊具についてのレビューの際、UNOやトランプは学業のファクターとしては当たりまえけれども、1年生は確実にもめるので禁物にしました。
おりがみは持ってきてもいいが、あげるもらうはしないように、と。絶対にもめるから、と。

胡散臭いなと思う。
もめるから持ってこさせない、あげるなど禁物、はちょこっと不適切。
学業は世間性を養う土俵でもある。他人との隔たりの取り方、もめたときの方法、もめないようにするにはどうしたらいいのか、も、もめることから学んでいくグッズ。
最初から大人がそういったものすべてを排除してしまっては、はじめてそういったことにぶち当たったときにかしこく振る舞いができなくなってしまう。

なんでも父兄が先生にアドレスで、というのも不適切。
ある程度の生まれになれば自分できちんとレビューし、質問することもできる。

昔よりも「こうあらねばならない」はある意味減っているけれども、「筆算は定規で引きなさい、アドレスにかいてもらいなさい」など、無用かなと思うポイントでも融通が利かない指示をしているポイントをみると、やはり変わっていないのかなとも思う。

先生も最高ではないからさすがなのだけれど、最近先生の指示に疑問を持つことが多々ある。

惜しくも、お子さん自身にも勤めを授ける、自由に世間性をはぐくませる、という風潮になってほしいものだ。使ってしまったお金に後悔してても始まりません