まだまだ暑さが残る年中ですが、デパートにお買い物に行くと秋を見つけられました!

秋刀魚です!

塩焼きとして食べたい!
やはり塩焼きにしたい!と心中よだれを垂らしながら秋刀魚を腕に取り…

ん、胸が付いている方法と欠けるものがある。。
胸が欠けるものは臓器も欠ける。

そういえば、臓器までおいしくいただく顧客もいると聞く。
ぼくは胸も臓器も秋刀魚には申し訳ないが食べれない。

捨てる→日中は依然暑いので臭くなる→気が萎える

なるほど、なんてステキな心遣い。
包丁を入れてないほうが断固美味いような気もするが、ここはとにかくお心遣いを無駄にする導因にはいかぬ。

そうして頭もお口の時も秋刀魚ばっかりにしながら帰宅し
岩塩をミルで挽いてまぶし、魚焼きグリルへ。

しまった、近頃購入した炉端大将で網焼きすればよかったかも!

但しとうにグリルの中でこんがり焼けてしまっている。
炉端大将は次回に決める。

すばらしい会話がする…
手早く食べたいが生焼けでは危険なので十分に焼けたところで
すだちと醤油でいただきました。

昔は断じて好きではなかった秋刀魚。
大人になるとこれ程おいしく感じるのね〜。

秋を味わい大満足でした。個人再生を相談するなら専門家に聞くのが一番です